ページトップへ

攻撃は最大の防御?

松尾卓哉 | 2018/01/28
攻撃は最大の防御・・・穏やかではありません。
しかし、特許権を有効活用する手段の一つであることは確かです。
自己実施確保や他社参入防止のための防衛的権利の取得はもちろん、自社製品に関係がなくとも、競合他社の製品を先回り、いざというときのために攻撃的権利を取得しておく。
万が一権利行使されたときは、これがカウンター特許として有効に機能する。
競合他社の市場規模が大きくなるほど、その特許1件あたりの効力は増大する。
特許の係争に関わりながら、改めてそのようなことを実感します。
ただ、このようなカウンター特許を持つことの重要性を説くだけでは事は進展しません。
クライアントの製品、市場の動向、事業の方向性などについて普段からコミュニケーションをとり、どのような特許をとりにいけばいいのか、具体的に提案できるファームにしていきたいと思っています。