ページトップへ

特許権は発明者を顕彰するという側面もありますが、本来はあくまでも財産権です。財産とは「価値あるもの(コスト以上のベネフィットがあるもの)」ですから、価値のある特許権を作るためには価値が伝わる特許明細書を書かなければなりません。技術の内容を平易に説明するだけではなく、その技術の有する意義(何に使えるのか、何の役に立つのか、何がおもしろいのか)をアピールすることも必要です。

価値を作るためには、価値の伝え手である弁理士が技術をきちんと理解するだけでなく、その技術をビジネスにつなげるプロセスをイメージする必要があります。インターブレインでは、クライアントのビジネスにとってその技術がどういう位置づけにあるのか、競合企業の開発活動に楔(くさび)を打ち込むためにはどういうポイントを狙うべきかを想定した上で、何を記載すべきで何を記載せざるべきか、記載するときにはどのレベルまで記載すべきか、を複眼的に検討し、戦略的意図のある特許明細書を作ります。

更に、1つ1つの特許出願というミクロな観点だけではなく、クライアントの事業方針や開発動向を踏まえて、どのようなタイプのアイディアを特許化するのが有効なのかについても開発ステージに応じた提案をいたします。